【もけもけ通信】2023年6月28日(水)米国不動産経営管理士(CPM)取得への第一歩ETH800『プロパティマネージャーのための倫理』受講しました。

6月27日(火)と28日(水)の2日間、米国不動産経営管理士(CPM)取得のために必要な公式セミナー(授業)の初回、ETH800『プロパティマネージャーのための倫理』を福岡会場で受講しました。

福岡会場の場所は、天神からほど近い昭和通り沿いのオフィスビル10Fの貸会議室。

Park Estateからは車でもせいぜい7分程度の場所なので、近くて助かりました。

会場は約20名ほどの受講者で満室。県別で言うと、地元福岡の参加者が多いのは当然として、同じくらい熊本からの参加者がいたことに驚きました。

他には山口から1名、大阪からも1名来られており、授業ごとに全国5ヶ所ほどある会場を渡り歩いて授業を受ける方もおられるそう。

肝心の授業内容についてですが、正直、実際に授業を受ける前までは、なぜ倫理が最初に来るのかな?と不思議に思っていました。

しかしながら、今からちょうど90年前の1933年、アメリカはシカゴで、全米不動産管理協会(IREM)*が産声を上げたそもそもの経緯を知って納得しました。*CPMの教育プログラムを提供しているのがIREMです。

と言うのが、当時は大恐慌の真っ只中。

倫理的に問題ある不動産管理を行う会社が目に余る状況を憂いた10社ほどの不動産会社代表が、シカゴのヒルトンホテルに集合し話し合いの場を持ったことを契機に、IREMは誕生したとのこと。

まさにIREMは、倫理を礎に設立された不動産管理士の団体だったのです。

日本においては、未だに不動産業者は『千三つ』(不動産業者が言うことのうち真実は千に三つしかない)などと呼ばれることが多く、倫理に問題ある業者は後を絶ちません💦 

最近では『正直不動産』という漫画をご存知の方もいらっしゃることと思いますが、この漫画も不動産屋の平気で嘘を付く倫理観の欠如がテーマだったりします。

そして、この2日間、CPMとして守らなければならない倫理について学んだ中で、特に感銘を受けたのが、IREM職業倫理規定第13条『違反に対する報告の義務』と第14条『執行』です。

どういうことかというと、様々な職業団体が必ずといって良いほど倫理規定を設けていますが、残念ながらこれだけだと実効性に欠けます。

他方、IREM会員はIREMの倫理規定等に違反する者を協会に報告する義務があります。

報告された会員等は倫理委員会*の調査・聴聞といったプロセスを経て、その疑いが濃厚と判断された場合はメンバーシップ停止や剥奪等といった重い処分を課されます。
*会員メンバーで構成されます。

日本ではなかなかピンときませんが、アメリカではCPMの社会的信用度が大きいが故に、CPMの資格が使えないことは文字通り死活問題となる様です。

職業人としての倫理を守る厳格な仕組みをIREMが構築しているからこそ、CPMが国際的に評価され高い社会的地位を保っているのだな、と納得させられました。

それと同時に弊社も『不動産事業者としての倫理』を何より大切にしている会社なので、同じ志を持つ団体に所属できることを嬉しく思いました。

ちょうど今、『媒介契約の取説』と題したコンテンツを不動産売却を検討している方向けに作成しており、囲い込みの問題などを取り上げたばかりのタイミングだったので尚更でした。

次の授業は『プロパティマネージャーの為の金融計算と戦略』

実はCPM取得を決めた大きな理由の一つがこの授業なので、来月の受講が今から楽しみです^^

\シェアもどうぞ/
Facebook
Email
Twitter
モケモケ
不動産のご購入について相談する先ありますか?

『ふれんず物件研究室』について>
物件の目利き力を鍛えるとともに刻々と変化する福岡都市圏の不動産マーケットの動向を把握するため、Park Estate | パークエステートでは毎日欠かさず、福岡県下最大の不動産ポータルサイトふれんずをパトロールし、見所ある売買物件を『ふれんず物件研究室』にて
随時ご紹介しています(時には賃貸物件も)。

物件をお探しの方はもちろんのこと、物件を売却予定の方も不動産売却と不動産購入はちょうどコインの裏表の関係にあり売却活動の参考になると思いますので是非ご覧下さい。

<Park Estate | パークエステートのご紹介
弊社は、福岡都市圏の不動産売買に強みを持つ不動産屋さんです。弊社代表による完全担当制が特徴でして、お客様お一人お一人のご要望をじっくりヒアリングさせて頂き、それぞれの目的に即した
最適不動産のご購入を通じて、理想の暮らしの実現並びに資産形成のお手伝いを致します。

弊社取扱対象エリアは福岡都市圏。福岡市中央区の街中でありながら自然と緑豊かな大濠公園等のPark周辺エリア(弊社ではパークラインと呼んでいます)がホームグランドです。

<他社にご依頼中の方へ>
不動産のセカンドオピニオンも無料でご提供していますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

 【弊社の特徴】
弊社代表による完全担当制●【無料】不動産査定 ●【無料】不動産セカンドオピニオン●相続等不動産にまつわる問題解決●相続診断士在籍●各種専門家連携●不動産投資●英語対応/EnglishOK